保護者の皆様へ

新聞やテレビ等の報道でご承知のことと思いますが、熊本県と熊本市の合同の5日の専門家会議(座長:原田信志熊本大学長)は、直近1週間(4月28日~5月4日)に県内で新規感染者が出ておらず、「感染は縮小傾向にある」と評価し、段階的な営業再開に理解を示す一方、「確実に落ち着いたと判断するには、あと2週間必要」とも指摘しました。

熊本県知事は、この提言に沿った形で休業要請を緩和し、早いところは、7日に再開できる(一応、幼稚園もその対象になっています)ことになりました。

一方、5月31日まで臨時休校としている小中高などについては、7日以降「再開可能」としたが、休校措置は当面維持する。そして、「何度も方針が変わるのは子どもにとってよくない。20日頃に開く県と熊本市の専門家会議の結果を見て判断したい」と説明し、更に、県教委の幹部は「5月末までの休校を前提に、感染状況を見ながら今後の検討をしたい」と話したと、5月6日の熊日は、報道(一部省略)しています。

つきましては、本園と致しましては、この知事と県教委幹部の発言に鑑み小中高と同様に5月20日頃までは、5月1日の本園の「休業要請の延長」についてのお便り(一部に未着の所もあるともお聞きしていますが)で述べましたように、医療従事者等仕事を休むのが困難な保護者の子どもなどに保育が提供されるように、ホームクラスの形で、できる限りの応援をすることとし、これに該当しない皆様には、引き続き更なる「登園自粛」をお願いすることとしました。

以上、「直近1週間の新規感染者無し」には、少しほっとしましたが、まだまだ予断を許さない状況のようですので、誠に申し訳ありませんが、経緯をご理解の上、ご協力くださいますよう心からお願い申し上げます。

 

学校法人花陵学園 花陵幼稚園 園長 松元 毅